fc2ブログ

2023年06月26日

「ラストマン-全盲の捜査官-」最終話





8話までは1話完結で、様々な事件を解決していく流れでしたが、
9話・10話は「41年前の事件」の真相を解明していきました。

事件を知ってる世代の人達は限られているので、
護道清二(寺尾聰さん)が関係しているのは分かっていましたが。
皆実誠を生かしておくことは出来ないと考えた、咄嗟で苦渋の決断だったような。
(本当の真相は、京吾さんも知らなかったんですね~)

生かしておくと、広見も鎌田も殺されていただろうし、
清二さんも更に苦しい人生を送ることになるのを恐れたかと。
心太朗も真実を知らないまま、孤独に生きるしかなかったような。


何とかリアルタイムで観れたんですけど、展開が早過ぎて追い付くのに必死。
でも、壮絶な個々の葛藤が哀しくて、号泣でした。